2017.11.18
 
犬を飼うと死亡リスクが低下する
 
犬を飼うと死亡リスクが低下するという研究のことがYahoo の記事
に掲載されていましたのでご紹介します。
記事はここから
 
 
2017.10.11
 
セラピー犬として生きることも
 
うちの犬舎は里親を募集していません。そうすると必然的に引退した
犬たちは残るわけです。この子たちができることは何かないかな?
ずっとそう思ってきました。ある日、知人の犬舎のHPを見ていたら
犬舎の犬たちを何匹か連れて、老人ホームに慰問に伺ったことが
書いてありました。私は、これだな!と感じました。うちの引退した
子たちにもセラピー犬の見習いをしてもらえばいい。何もすることが
ないまま年だけとっていくというのではなく、何かの役に立つのなら
犬にとっても幸せに違いない、と思ったのです。それでいまセラピー
犬の勉強を始めました。難しく考えると何もできなくなるので、まずは
最低限の準備をしてセラピー犬見習いを始めたいと思っています。
これはあくまでもホランティアですから、無理をすると続きません。
幸い知人がそういう施設を運営していますから、そこから始めます。
ちなみにセラピー犬によって認知症の方が少し軽くなっていったと
いうケースもあるそうです。医療の一環としても注目されているようです
 
 
2017.10.5
 
 これまであまり余計なことは書かないでおこうと思っていましたが、
ホームページのどこに載せたらいいかわからないような内容もあり
ますから、そういう話題やお知らせなどを載せるページを作ることに
しました。
犬舎の主が好き勝手に書いていく個人的なページなので、タイトルは
「犬舎の主ですが、」ということにします。興味がある方は時々訪ねて
みてください。
 
ノーフォークテリアがやってきた!
 
さて今日はわが犬舎にノーフォークテリアが入舎したことをお知らせ
します。初対面の印象は、とにかくこの犬種は可愛い、ということでした。
うちの子になったノーフォークテリアはレッドですが、性格もいいので
すっかり気に入ってしまいました。テリアグループはケアーンテリア、
ヨークシャーテリアに続いて3種類目になります。うちのテリアたちは
みんな性格がいいので安心です。
来年はテリアの子犬たちが家の中をウロウロしていることでしょう。
今から楽しみです。
 
 
2019.11.10
 
里親募集について
 
ときとぎきですが、いきなり里親を募集している犬はいませんか?  という
といあわせが来ます。当犬舎の場合は里親募集を行っているときは
ホームページ上に掲載します。掲載していなければ募集していないという
ことです。
里親募集というのは私個人にとってはなかなかできることではないのです。
ブリーダーとはいえ、何年も付き合ってきた犬たちですから、なかなか手放せ
ないのが実情です。だから当犬舎には引退犬はいます。しかし里親募集は
していません。できれば一生をここで過ごしてもらいたいと思っています。
 
 
 
 




セントバーナード

フラットコーテッドレトリバー